c0338018_16063080.jpg

この秋から何度かお邪魔させていただいている

桜井の木戸さんの田んぼ。


藁も籾も還さない

一切の肥料も入れない

無投入の田んぼ。


そこで毎年反あたり八俵の収量をあげる。


もちろん無農薬。

だけど草取りに一度も入らずに済む田んぼ。


八反を手植え。

バインダーで刈りとって

稲架掛け天日干し。


大神神社の御神体である三輪山から流れくる水

そこで育まれた粘土質の土壌


埴輪、土器、古墳などがたくさん出土する土地。


すぐ近所には自然農の川口由一さんの圃場もあったりして。




常識でははかれない木戸さんの田んぼは

この神がかった土地と

そこへ呼ばれた木戸さんとの

地球の奇跡を具現化する

宇宙の田んぼだと

僕は勝手に想ってる。


でもそれは本当は
奇跡でもなんでもなくて


自然が持っている本来の力なんだとも想う。


みんな忘れちゃっているだけ。


それを取り戻す

取り戻せるということを

木戸さんは田んぼで僕たちに

見せてくれている。




c0338018_16062875.jpg
木戸さんの乾田苗代。


木戸さんの圃場は秋口から緑の絨毯につつまれる。

とても綺麗。

ほかにそんな田んぼは無いから

一目で木戸さんの田んぼとわかる。


この苗代の向こう側、

冬で緑が弱くなったけど

そこの刈りとったあとの稲株の周りには

レンゲがたくさん生えている。

稲株の周りにばかり生えている…



春にはレンゲが咲き誇る田んぼ。






c0338018_16063323.jpg
「苗半作といいますが僕は苗八作の気持ちで苗づくりしています」
と木戸さん言っていた。

それぐらい苗が大事ということ。



木戸さんは自分の田んぼの技法について

惜しげも無く披露される。


こちらの質問に対しても

真摯に丁寧に答えてくれる。


僕はいつも質問攻め。


だけど嫌な顔ひとつせずに

むしろ楽しそうに話してくれる。



木戸さんの田んぼの技法は

先人がやってきた稲づくりのそれに似ている。



木戸さんはものすごく勉強家だ。


普通の図書館には置いていないような貴重な古い本を借りに
国会図書館まで行っちゃう。


画も少ない文字だらけの本を読んで

イメージして再現する。


木戸さんは勉強家でありそれで得た知識を具現化する人。


簡単な話じゃない。


技術だけ真似したってできないんだから。


気候も違う

気温も違う

水も違う

土壌も違う

空気も違う

生き物も違う

植物も違う


何もかも違う。



そこで結果を出す。



自然を観る目

稲を観る目

自然と対話するかのように

稲と対話するかのように


いま稲が何を求めているのか


稲が元気に育つには田んぼをどうしたらよいのか


その時その時必要なことを

必要なタイミングで

施す。


木戸さんには

それができるんだと想う。



その結果の宇宙の田んぼ。




来シーズンから

うちの田んぼも宇宙を目指します。




また
にじまるがおかしなこと始めた
噂になるくらいのことしないとね!



その前に

田んぼを獣から守らねば。

電柵張ります。


田舎暮らし

獣害と向き合わないといけないのが

たまにきず。



がんばろー


[PR]
# by ambassadeur5vy | 2017-12-17 22:02 | 田んぼ | Trackback | Comments(0)




有機野菜の宅配 ビオ・マルシェ


お祝いや内祝に!【ヨックモック】


京都の抹茶スイーツ【森半】


チョコレート専門店『サロンドロワイヤル』

今期一回目の味噌仕込み

c0338018_15430638.jpg

味噌を仕込んだ。


うちの奥戸さん。

よー燃える。
萌え奥戸さん。

大豆3キロ。
寒いので二日浸水。

羽釜にいっぱいいっぱい。

それでも水が足りな気味。

ちと多かった。


4時間煮た。


c0338018_15430823.jpg

踏んで潰す。

熱いので靴下二枚履き。



c0338018_15431072.jpg

麹は地元美杉の峯田麹店のもの。

来年は麹も自給したいね。



c0338018_15431326.jpg

混ぜたら団子にして



c0338018_15431475.jpg

投げ入れる!

ベチベチいい音。


もういい匂い。

こっそりなめたらおいしかった。




c0338018_15431708.jpg

3年寝かします。


3年後にまた逢いましょう。



おいしい出会いが待ってるよ。




[PR]
# by ambassadeur5vy | 2017-12-14 20:38 | にじまる食堂 | Trackback | Comments(0)




有機野菜の宅配 ビオ・マルシェ


お祝いや内祝に!【ヨックモック】


京都の抹茶スイーツ【森半】


チョコレート専門店『サロンドロワイヤル』

c0338018_21034401.jpg

まっぽんの竹細工ワークショップin岩崎くん家
に参加。

おとといの藁細工ワークショップに続いて

身の回りのものを活かす企画が続きました。


今回の竹細工、

竹を切り出すところから。


どんな竹が向いているのか。

材料の見極め方、

切り方、

葉っぱ(枝)も捨てずに使えるんだよ、

とか

竹の可能性拡がる拡がる。




c0338018_21034492.jpg

切った竹を四つ割に。

特別な道具がなくても

簡単にできちゃう。

知恵だ。



c0338018_21034521.jpg

さらに割って長いヒゴも作れる。



c0338018_21034614.jpg

まっぽんは簡単にやっちゃう。


このあと

70cmの短いヒゴを各自作るんだけど

ぜんぜんうまくできない。




c0338018_21034717.jpg

幅5mm

長さ70cm

厚さ0.5mm

のヒゴを40本作る。


17時までにできたヒゴ5本。

うちちゃんと0.5mmだったのが2本。



宿題よーけできた。



ヒゴができないと作品作れないからね。



手が覚えるまでやりたい。



この前の藁を綯うのもそうだけど

基本ができないと話にならない。



基本ができると世界が拡がる。



また新しい世界

見たいだろ?


見たいよね。


がんばろ






[PR]
# by ambassadeur5vy | 2017-12-06 21:21 | 生活 | Trackback | Comments(0)




有機野菜の宅配 ビオ・マルシェ


お祝いや内祝に!【ヨックモック】


京都の抹茶スイーツ【森半】


チョコレート専門店『サロンドロワイヤル』

c0338018_20310922.jpg

美杉「むらのわまつり」

のなおちゃんに誘われて

藁細工ワークショップに参加。


むらのドン、正巳先生に手ほどきを受けながら

しめ縄作り。


昼食を挟んで

一日みっちり藁まみれになってきました。




c0338018_20311091.jpg

三重に越してきてびっくりしたことの一つが

立派なしめ縄が一年中

玄関に飾ってあることでした。


しかも地域が変わるとしめ縄の形も変わる。



今回作ったのも初めての形。


美杉竹原地区のしめ縄。


ぶっとい縄に垂れ(?)三本。


このあとウラジロをつけて完成。


「笑門」の板とみかんとナンテンの実は帰ってから。



先日、よっちゃんからもらったしめ縄はお店の入り口に、


今回作ったやつは

勝手口かな。


来年一年お世話になります。




こうやって、

身近にある材料で

身の回りのもを作る。

生活の道具になる。

藁でカゴも編める。

蓑も作れる。

俵や草履も、

ござやむしろなど

昔の人の知恵はすごい。



捨てることをしないで

使えるものは

とことん利用する。



自然を大切にしてきてくれた。



この知恵を受け継いでいかないと。



原発の処理できないゴミなんて

出してちゃいけないのに。



まずはできる人から

コツコツと。




あさっては竹細工ワークショップ
行ってきます。

竹も有効な資源。


今、竹林は荒れちゃってるけど

竹を有効に活用できれば

竹林も手入れが届くようになるし

もっと身近なものになるはず。



有効に使えるのに

見向きもされない資源が眠っている。



使って行きたいよね〜





[PR]
# by ambassadeur5vy | 2017-12-04 20:30 | 生活 | Trackback | Comments(0)




有機野菜の宅配 ビオ・マルシェ


お祝いや内祝に!【ヨックモック】


京都の抹茶スイーツ【森半】


チョコレート専門店『サロンドロワイヤル』

c0338018_20012259.jpg

今月も出店させていただきました。

松阪ベルファーム オーガニックマーケット 鈴なり市


前日から始めて、

当日は朝2時から仕込み。


用意したお弁当は

事前予約で完売。


なにぶん一人でおかずから手作りしているので

お弁当は10個作るのが精一杯。

今回は予約数の関係で11個頑張って作りました。



他にも

おにぎりセット、

おこわ、

サツマイモスープを用意。



野菜販売はサツマイモ(小)と

前日に掘ったレンコンと

黒米。





c0338018_20012045.jpg

朝は冷え込んだけど

日中は穏やかな晴天で

ポカポカ。


ベルファーム内で

クラフトフェアと

池添くんのオーガニックマーケット「ほしのたね」

と併催だったため

今回も大勢の人で賑わいました。





c0338018_20012498.jpg

今回も、おかげさまで
用意したお弁当、おにぎり、おこわは完売。

暖かかったからか
スープはいまいち出がよくなくて

余ってしまったけど、

飲んでくれた方からは概ね好評をいただきました。



出るたびに素敵な出会いがあって

とても刺激になります。



売り切れで

販売できなかった方がたくさんいた。

ごめんなさい。


もっとたくさん仕込んできたい。


これからの課題です。



旦那もおにぎりにぎるかも。



頑張ります。



[PR]
# by ambassadeur5vy | 2017-12-03 19:53 | にじまる食堂 | Trackback | Comments(0)




有機野菜の宅配 ビオ・マルシェ


お祝いや内祝に!【ヨックモック】


京都の抹茶スイーツ【森半】


チョコレート専門店『サロンドロワイヤル』

三重の山奥で無農薬のお米、野菜をタネをとりながら育てています。そのお米と野菜を使って、調味料にもこだわって、お弁当を販売しています。余っても自分たちが食べられる、食べたいものを作ります。繋ぐ、環る、廻る手作りの暮らし。お弁当は1日10食限定です。要予約。お電話ください。059-275-0023 定休日:毎週木曜日と日曜日、祝日。農繁期の不定休有り。


by にーさん(新島崇宏)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31